Home > MAP解説 > Estate

Estate Archive

みんな大好きペンション Estate

今さら!?という気がしないでもないですが、書きたくなったから書く。

ここ毎日S&Dやってるのに、Estate全然こないんだよなー!たまたまなんだろうけどたまにはやりたいぜEstate

どういうテンションで書けばいいのか覚えてませんが頑張って書きます。あ、MAP解説はTDMが主体なのでご了承ください。

-

Estateって日本語にすると邸宅でしたっけ?(マンションは豪邸だっけ?)まいいや。ストーリーで「待ち伏せだ―!」ってなったり、スペオプでジャガーノートが家に入ってきたりする特徴的なMAPが元になっているステージですね。かなり手が加えられてて邸宅自体は小さくなってますけどね。

TDMで開始時に気を付けるのは、山の下でスタートする側。なぜか開始時に麓の建物方向を向いてますが、そのまままっすぐ歩いていくと、たいていスナイパーからおいしくやられます。というか、上スタートの場合、スナを選択してFirstBlood狙う人が多いですよね。気を付けてください。また、変電所側の斜面から山頂上を狙うスナも多いので、開始キルに成功・失敗したにかかわらず、上側スタートのスナはさっさと移動しましょう。狙われます。

さて序盤でポイントとなりやすいのが、ボート小屋と階段っぽい部分ですね。適当にスタンなりフラッシュ投げてから進むようにしましょう。ボート小屋屋根に乗って遊んでいる子が結構いるので(特にサーチ)気を付けましょう。

 このMAP、ボート小屋vs邸宅との熱いバトルが繰り広げられる事が多いですが、邸宅内で芋ってるのが超嫌いな私としては、味方がおうちの中で微動だにしない状態を見るとイライラしてしまうのでVCで動けお前らゴルァ!!と叫びたい気持ちをぐっとこらえて、マラソンSMGで駆け出します。←とても気持ちのこもった長い一文だと思った。

 もうね、クレイモア置いてショットガン持って微動だにしないって、楽しいのかそれぇ!?って感じですよ。勝ってるゲームならまだしも、負けてなお芋るのは許しがたいです。芋るというと悪い印象がありますが、表に出るのを極端に嫌う人というイメージか。だいじょうぶ、そんな簡単に死なないから表でようよ!

 って、つい私が愚痴ってしまうほど邸宅内でのんびりされている人が多いです。こもられたらどうするかですが、割と隙の多い裏口丸太から2階に侵入したり、投げモノ全部ぶちこんで突撃も良し、無視して別の場所に行くも良しだと思います。

 それと麓(一番下)の家も長期滞在はおすすめできないですね。中腹の車庫もどうよう。あそこの2階から狙うスナが割といますが、下から攻められると逃げ場がないですからね。長居はやめましょう。

 ちょうど中央部を道路っぽいのが走ってますが、意外と狙われるようで狙われない事が多いので、たまには意を決してダッシュしましょう(もちろんガケっぽいほうを疾走したほうが生存率高いですが)。あのアパムでさえ、戦場を弾帯持って走ったんだ、みんなも頑張って走ろう!(?)

 ガケ側まどは破ればジャンプして侵入できますし、邸宅の外の手すりを使うと花壇から中に入れたりしますので覚えておきましょう。また、裏のガラスハウス?みたいなところも、段差を利用して上に上がれます。あ、邸宅の丸太側の窓で内側を狙う子が多いので気を付けましょうね。

 邸宅の外や、変電所の裏などはあまり人が来ないので、ケアパケや自動機銃を呼ぶ時に利用するといいでしょう。

この武器を使え!
・アサルト
・SMG
・ショットガン(邸宅内)
・スナイパーライフル
・LMG

書いてて思ったけど、プライマリなんでも行けますね。個人的にはSMG+マラソンが最近好きです。アサルトはわりと広いマップを走り回るには少々だるいかな。

このキルストを!

UAVはどのMAPでも欲しいもの。特に芋りプレイが発生しやすいこのMAPではぜひとも使いたいです。
プレデターも割と2人キルできたりしますし、ハリアーも爆撃が狙いやすいので、3→5→7安定です。

えーっと、こういうテンションで書いてたっけ?

ホーム > MAP解説 > Estate

緊急アンケート

どれだ

View Results

Loading ... Loading ...
フィード
PR
Call of Duty: Modern Warfare 3(輸入版)
バトルフィールド 3(初回特典プレミアムマップ「Back to Karkand」DLコード&Amazon.co.jp限定「Physical Warfare Pack」DLコード 付き)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(新価格版)
コール オブ デューティ ブラックオプス (字幕版) 【CEROレーティング「Z」】



 

Return to page top